滋賀県信楽町で品質にこだわった
朝宮茶を販売

陶芸の町として知られる滋賀県信楽町。町の中心を通る国道307号線沿いにある株式会社青木園様。店舗には和gara+を使用したコーナーを設置されています。今回は青木園様の代表取締役社長青木孝徳様に色々とお話を聞かせていただきました。青木園様は主として朝宮茶を取り扱っておられ、安全で安心な朝宮茶を広く知ってもらい、様々な年代の方々にお買い求めいただけるよう日々活動されておられます。地域産業の普及にも積極的に関わり、お店に来られるお客様はもちろんのこと、地元のお客様と地域の未来について熱く語り合っている姿が印象的でした。

今までとは違う販売方法の模索。そのためのツールとしての和gara+

───本日はありがとうございます。お店を拝見させていただきましたが、信楽という場所もあるかと思いますが、朝宮茶を中心に、観光客の好みそうな陶器やスイーツなど様々なものを販売されていますね。

はい、昨今の緑茶販売の状況は厳しいものがありますが、常に時代の変化に合わせた集客や販売方法を模索しています。店舗に来られるお客様は地元の方や観光客の方、年配の方から若い方まで様々です。

───なるほど、どのお店も集客には苦労されているかと思われますが、青木園様ではどのような方法をとられているのでしょうか?

具体的な内容は秘密ですが(笑)。ただ時代の変化に合わせて物を変えるだけではなくて、自分も変わらなければならないと思っています。しかし本筋の所は変えない。

───青木園様にとっての本筋とは何でしょうか?

店舗には様々な商品を置いていますが、お客様には良い物を買っていただきたいと思っています。私たちが変えないことは良いお茶や商品をお客様にご提供する。これが本筋ですよね。

───なるほど、全てこだわりの品揃えというわけですね。青木園様では和gara+のパッケージをご利用頂いていますが、和gara+を使う決め手となったものは何でしょうか?

当店では様々な年代の方々がお客様として来店されます。そのための品揃えとして、従来の地元のお客様用の商品が必要なのはもちろんのこと、特に若い人たちを対象とした商品も展開しなければなりません。その中で若い世代の方々の置かれている状況を考えると、共働きが当たり前で、従来の贈答という習慣は大幅に減少しています。以前に比べると子育てや日々の生活が大変なんですよね。従って気軽に贈れるパーソナルギフトやプチギフトといったものが中心となっています。私たちとしてはそういう若い人たちにこそ緑茶の良さを知ってもらいたい。そのためのツールとして和gara+を採用しました。これで売れるという感覚はありませんでしたが、常に自分たちも変わっていかなければならないこと、新しいことを考えなければならないという思いの結果ですね。

───ありがとうございます。実際に和gara+のパッケージを使ってみた効果はいかがでしょうか?

リーズナブルな価格のパーソナルギフトやプチギフトは女性に人気がありますね。緑茶だけでなく、スイーツをセットにした商品展開もできるので使い勝手は良いと思います。女性がかわいい!と言って手にとってもらえる商品になっていますね。

───なるほど、やはり女性は強いですね(笑)

そうですね。女性に気に入ってもらえる商品は強いと思います(笑)。これにはデザイン的な面もあるのかもしれませんね。和風なデザインで古風過ぎても良くない、かと言って飛び抜けたデザインでも良くない。伝統的な柄ではあるけれども、どこか新しいものが加味されているところが良いのではないかなと思いますよ。

───ありがとうございます。今後の和gara+の展開についてご希望があれば一言お願いします。

和を突き詰めたパッケージで女性が気に入ってもらえる商品がいいですね。明るい色だけでなく、暗い伝統的な黒を使っているけれど、どこか新しいと思えるような物がいいですね!

───なるほど、難しい宿題ですが検討してみます!本日は貴重な時間をいただきありがとうございました。

株式会社青木園
529-1835 滋賀県甲賀市信楽町中野72番地

滋賀県甲賀市信楽町の国道307号線沿いにある、香味豊かな山のお茶を製造から販売まで一気通貫の日本茶専門店。
小売販売部「茶蔵」を併設し、安全で安心な朝宮茶を広く皆様にお買い求め頂ける体制を確立し現在に至っています。

URL http://www.shigaraki-aokien.com/
Instagram  https://www.garow.me/users/takanorin225/4235728141