古より日本人に受け継がれる「モノを大切に包む」文化。
タマヤは京都の地で一世紀以上にわたり
包みに込められた想いをパッケージに映し出してきました。

想いをカタチにして伝える、京都から。

ごあいさつ/企業理念
事業内容/商品紹介
会社情報/アクセス案内
会社概要

■ごあいさつ

代表取締役社長・副社長
創業100有余年、
変化を恐れない伝統企業を目指して。

古来より日本人は手作りにこだわってきました。
もの作りの全ての工程に、巧みな技法が用いられ、 試行錯誤を繰り返し仕上がる逸品には使う人への慈しみと、
素材を尊ぶ「心」がこもっています。
この「温かみ」こそが日本文化の良さであり、それらを実感できる環境が京都にはありました。
明治43年に産声をあげたタマヤは、丹精込められた茶葉を大切に包む袋から始まり
「包み」を核とした総合プロデュース企業として努力してまいりました。
これからもこの経験を踏まえ、一層邁進したいと考えております。

 

■企業理念

伝統ある京都ブランド会社としてパッケージデザインと提案力でお客様に貢献し、 会社の体質を強化することで、社員とその家族の幸せを追求します。
「タマヤは三方良しの考え方へ」
1.顧客満足

大切なのはお客様(相手)に喜ばれること。一方的に満足せず、お客様の視点に立ち一緒に成長できる企業を目指します。

2.適正利益

利益を適正に社員への報酬と、お客様にもっと喜んでいただける商品やサービスを提供することに努力を惜しみません。

3.従業員満足

働くことが自分にとって価値あるものであり、成長にも繋がる会社であることは、非常に重要である。自分にとっての価値から「やりがい」を見出し、仕事を通じた成長実感が、仕事の質とスピードのレベルを上げていくエネルギーとなってくれます。

三方良し
 
沿革

■会社情報

本社
称号 株式会社 玉屋
本社住所 〒601-8111
京都市南区上鳥羽苗代町23番地2
電話番号 075-692-2250(代)
業種 食品包装資材の企画販売
創業 明治43年 3月
設立 昭和34年 3月
資本金 3,100万円
従業員 96名
主要取引銀行 三井住友銀行・京都銀行
取締役 代表取締役社長   川島康司
代表取締役副社長  畑﨑智之
取締役常務     林 一成
取締役顧問     中村智之
監査役       川島加恵子

■沿革

1910年 文庫紙(着物の包装紙)の製造販売業として初代浅野清三郎が「玉屋商店」を設立
1955年 菓子用紙袋やパン袋、乾物等の雑袋等を商い、紙茶袋の製造を手掛ける
1959年 玉屋製袋所を株式会社に法人化
1960年 ポリエチレンの普及に伴い、二重茶袋「保利栄印(ポリエ印)」を発案
1967年 現在地に茶袋製造工場を建設
1968年 保香性の高い新素材「保香紙(サランコーティングした紙)」を採用し、茶袋全自動製袋機の導入をもって「保香亀底型茶袋」の製造に着手、独占販売を開始
工場を拡張し、本社機能を工場に併合
1970年 自社生産を改め、工場の専門化、下請け管理システムを開始
1972年 福岡県久留米市梅満町に営業所を開設
1973年 工場跡地に新本社ビルを建設
1974年 マキノ製缶が特許を有する「防湿リング缶」の茶業界独占販売を開始する
1977年 先代社長急逝に伴い、代表取締役所長に浅野淳男が就任
東京都銀座に東京営業所を開設
1980年 食品販売組織、営業商販部を独立させて(株)匠屋を設立
1981年 連続式ドライプリンター(スタンパック)発明特許取得
1984年 新たな飛躍を期して新社名ロゴ及び社章を設定
業務進展に伴い、福岡県久留米市東合川に現九州営業所を新築拡充移転、現在に至る
1986年 発送センターの新築移転による自社運営を開始
1987年 静岡市下島に静岡営業所を開設
1991年 アール缶の茶業界独占販売を開始
営業の躍進に伴い、東京都中央区日本橋浜町浜町ビル5Fに東京営業所を移転
1992年 本社別館「第二ビル」を建設。1階は「そば処たくみや」を開店
2001年 静岡営業所を茶業会館、茶業関連などが集まる静岡市葵町に新築移転、現在に至る
当社独自のオリジナル商品「ミニなつめ缶」を販売開始
2006年 東京営業所を中央区日本橋浜町中央ビル8Fに移転、現在に至る
2010年 創業から100年、緑茶需要を促進するため新事業として「GREEN CAFÉ STYLE茶乃逢(さのあ)」をオープン
2013年 代表取締役に畑﨑智弘が就任
株式会社匠屋が株式会社タマヤと統合し匠屋事業部として開設
2016年 小ロットフルカラー対応の加工印刷機「@彩-あっといろどり」を導入
2017年 WEBサイトリニューアルにて新たな情報発信と通販購入が可能となる
2018年 代表取締役に川島康司、代表取締役副社長に畑﨑智之が就任

沿革

■アクセス案内

アクセス
お問い合わせはこちら
事業内容はこちら